教室に飾られた子供の絵から学んだこと

教室に飾られた子供の絵から学んだこともあった。

保育園・幼稚園・学校などでは、定例の行事は年間で予定が組まれており、年度当初に予定表が配られるので、早めにスケジュールをあけておく。

自分の年間の予定を決める際には、行事の多い曜日を"研究日"などにあてておくと比較的融通がききやすい。

また、早めに代診や担当の変更を頼んでおくとよい。

("研究日"は、研鐙を積むために、週に半日?1日設けられた自己学習の日で、図書館で文献を調べたり、研究活動にあてられる。すべての病院にこのような制度があるわけではない。)

PTAの役員などは自分でできる範囲で引き受けるとよい。

頻回に会合が必要な役員ではなく、年に数回程度の活動ですむ役員だと引き受けやすい。

保険外交員・長谷川桜子

このブログ記事について

このページは、-が2015年10月30日 12:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「子供の行事や地域の活動に参加するとき(長谷川桜子)」です。

次のブログ記事は「子供と感動を共有すること(長谷川桜子)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。