子供の行事や地域の活動に参加するとき(長谷川桜子)

子供の行事で親の参加が必要なものは意外と多い。

地域の祭や子供会、バザー、授業参観、懇談会、PTA活動、登校児童の保護、音楽会、運動会、遠足、などなど。

しかし、仕事の合間をぬってこれらの行事に参加するのはなかなか困難である。

まして平日の行事が多い幼稚園などでは、よほど早めに予定を立てておかないと参加はむずかしい。

しかし、これらの子供の行事に参加することは、集団生活のなかでの子供の様子を見たり、担任の先生と話をしたり、他の親と交流したりするチャンスでもある。

ブログ筆者の場合、仕事の都合で参加できないことも多かったが、行事に参加することで、家庭では見られなかった子供の人間関係、学校での様子、興味の対象などを発見し、子供へのかかわり方のヒントを得ることができ、親自身の学習にもなることに気づいた。

保険外交員・長谷川桜子

このブログ記事について

このページは、-が2015年10月25日 12:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「女性医師の名刺」です。

次のブログ記事は「教室に飾られた子供の絵から学んだこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。