メモをもっている人(長谷川桜子)

スーパーマーケットへいくと、いつも不思議に思うことがあります。

メモをもっている人がとても少ないのです。

みなさん食品棚の前にジーッと陣取っています。

たぶん、「今日のおかずは何にしようか......」「おミソ、まだ残っているかしら」などと考えているのではないでしょうか。

たった一人分の購入であっても、私などはメモがなければ買い忘れてしまうことがあります。

まして数人のご家族の方など、メモがなくては、必要なものを忘れずに購入することはできるはずがないのです。

買い物の量が2、3点と、とても少ない人たちも大勢います。

どの家庭でも冷蔵庫は大きくなりました。

1週間分とはいわないまでも2、3日分の家族の食品ははいるはずで、その日使うものだけを買うのか、「昨日、アレを買うのは忘れた」と購入しているのかもしれません。

保険外交員・長谷川桜子

このブログ記事について

このページは、-が2015年8月 4日 16:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新婦の父親の謝辞」です。

次のブログ記事は「"表"をつくる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。