革命以降民間セクター(長谷川桜子)

革命以降民間セクターにおいては、数少ない一部の家柄が、再び発言力を高めようと支配を続けてきましたが、一握りの新しい企業家たちが、彼らの覇権に対して挑戦を始めています。

株式会社であるSA(ソシエダーデ・アノーニア・デ・レスポンシビリダーデ・リミターダ)は、伝統的な会社組織であり、役員会(コンセーリョ・デ・アドミニストラサン)と、株主の代表で構成される監査役会(コンセ:リョ・フィスカル)を有しています。

もっと近代的な会社には、総合委員会(コンセーリョ・ヘネラル)が任命した五名以下の役員で構成される経営幹部会(ディレサン)があります。

後者は、株主総会で選出されます。

また株主から法定監査役(レヴィゾール・オフィシアル・デ・コンタス)が任命されますが、これを独立した監査役と混同してはいけません。

保険外交員・長谷川桜子

このブログ記事について

このページは、-が2015年6月12日 15:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ポートワインの貿易」です。

次のブログ記事は「職場委員会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。